睡眠中に呼吸が止まってしまう病気

睡眠中に呼吸が止まってしまう病気のことを「睡眠時無呼吸症候群」といいます。
睡眠中におきる呼吸障害のひとつで、体に悪影響があること、睡眠の質が低下することが明らかになっております。
英語では「Sleep Apnea Ayndrome」と言い、「SAS」と呼ばれております。
肥満だけではなく、顔面頭蓋下顎骨の形状が発症の原因と考えられているため、骨格が面長であるアジアの人はもともと喉が狭いため、肥満者以外の痩せ型の人にも多く見られます。特に最近の若い人は小顔で顎が小さいため、さらに喉が狭くなっているため要注意です。
現在日本における睡眠時無呼吸症候群の患者数は200万人以上といわれ、いびきをかく人は2000万人以上といわれております。
睡眠時無呼吸症候群は大きないびきを伴っているのが特徴で、いびきをかくだけで自分は大丈夫と考えるのは危険です。
睡眠時無呼吸症候群によくある症状

・大きないびき
・朝、起きた時の口の渇き
・夢をよくみる
・記憶力の低下
・性機能不全
・夜間トイレによくいく
・昼間の眠気
・起床時の頭痛

などが多く見られます。

睡眠時無呼吸症候群の特徴としては
肥満、顔の形が面長、首が短い、歯のすりへりが多くある、舌が大きい、顎が小さい、扁桃肥大(のどちんこ)が大きい、歯が大きいなど特徴があります。

眠りに入り、しばらくすると呼吸が止まる自覚がないですが、目覚めた状態になり、また呼吸を開始し、眠りに入るとまた呼吸が止まるという悪循環を繰り返します。
呼吸が止まっている間は体の中でガス交換がおこなわれず、酸素欠乏状態になります。
つまり、無呼吸の回数が大きくなるほど、無呼吸の時間が長くなるほど重症度が増して体におよぼす影響が大きくなります。
つまり寝ることにより、病気になってしまうという大変恐ろしい病気なのです。