睡眠時無呼吸症候群

みなさんの周りや車内などで、睡眠中に一旦呼吸が止まっている人を見かけたことはありませんか?これは『睡眠時無呼吸症候群』といい、れっきとした病気なのです。英語では“Sleep Apnea Ayndrome”といい、その頭文字を取って通称『SAS(サス)』と呼ばれているます。寝ている間に起こる呼吸障害によるもので、睡眠の質を低下させることが明らかになっています。

現在日本においては、このSASの患者さんはおよそ200万人以上と推測されています。
SASは睡眠中に呼吸停止が10秒以上停止するものを“無呼吸”といい、呼吸が小さくなった状態を10秒以上持続するものを“低呼吸”といいます。

SASには大きなイビキを伴っているのが特徴です。見たことはありませんか、大イビキをかいている途中で急にイビキが止まっている人。正にあれです。
これは空気の通り道である気道が狭くなることによって起こります。
原因としては肥満による脂肪沈着、扁桃肥大、舌が大きい、アゴが小さい、などが上げられます。

呼吸が止まってしばらくすると苦しくなり、自覚はありませんが一度目覚めた状態になります。それにより再び呼吸を開始しますが、また眠りに入ると呼吸が止まるという悪循環を繰り返しているのです。呼吸が止まっている間はからだの中でガス交換がおこなわれませんので、酸素が欠乏した状態に陥ります。
ということは、呼吸の止まる回数が多くなるほど、また呼吸が止まる時間が長くなるほど、からだにおよぼす影響は大きいということになります。

睡眠時無呼吸症候群によくある症状としてはイビキのほかにも、昼間の眠気や朝起きたときの頭痛や口の渇き、夜中によくトイレに行くなどがあります。
あなたにも思い当たることはありませんか。

Dr.)
日本人のSAS患者の約3割が実は肥満ではなく、気道の構造が元々狭い人たちだと言われています。具体的にはアゴの小さい方です。イビキや無呼吸などは全く自覚症状がなく、肥満してないからといってSASでないとは限りません。

イビキがうるさい、寝ているときに呼吸が止まるなどと誰かに言われるようであれば、一度専門医にご相談してみてください。

未治療のリスク
睡眠時無呼吸症候群を治療せずに放っておくとどのような問題が起こると思いますか。。

まず、睡眠時無呼吸症候群特有の昼間の眠気です。
十分な睡眠が取れていないために、普段起きていなくてはいけない場面でも、眠気が襲ってきてしまうのです。たとえば重要な会議中、乗り物の運転中、緊張のおける作業中など、こうした場面で突然寝てしまったら、大きな交通事故や労働災害につながりかねません。

また、脳に酸素が十分届いていませんので、頭の働きも鈍ってきます。記憶力の低下や仕事の効率、生産性の低下、ミスを何回も起こすなど、社会生活において様々な問題を引き起こします。

実際の調査では、睡眠時無呼吸症候群と診断された人の運転による交通事故発生率は、健康な人のおよそ7倍という驚くべき事実がわかりました。
また、最近の研究では昼間の眠気などの問題だけではなく、生活習慣病、さらには命にかかわるような心臓病、脳卒中なととの間に密接な関わりがあることが明らかになってきました。

睡眠時無呼吸症候群は高血圧、糖尿病、メタボリックシンドロームといった生活習慣病を高い確率で合併することが報告されています。
また、不整脈や狭心症、心筋梗塞、心不全などと関係があることも報告されています。

逆に生活習慣病の患者さんを見ると、メタボリックシンドロームではおよそ60%、高血圧では37%、糖尿病では36%にこの睡眠時無呼吸症候群が合併しているというデータもあります。

睡眠時無呼吸症候群を治療しないでおくと、どうなると思いますか。
睡眠時無呼吸症候群の重症度が高い人の場合、それを治療せずに放置しておくと、重症度が低い人に比べて生存率が低下し、長生きできないことは以前より知られていました。

無呼吸が続くと、血液中の酸素が欠乏し、それが繰り返されることによって動脈硬化や血圧の上昇など、からだに様々な悪影響をおよぼし、心臓に大きな負担がかかるのです。

実際に睡眠時無呼吸症候群を治療せずに放っておくことで、心筋梗塞や脳卒中などの命にかかわる病気を起こす危険性が高まることが明らかになっています。

睡眠時無呼吸症候群
診断方法
睡眠時無呼吸症候群の診察の流れをご説明します。
診察は3段階でおこなわれます。
はじめに自覚症状や睡眠状況、昼間の眠気の具合など生活習慣に関わることについての問診をおこないます。睡眠中のことですから、患者さんに自覚のない場合が多くあります。そこで症状を知っているご家族にも一緒に立ち会ってもらうとよいでしょう。

問診後、小型の装置を使って、ご自宅で簡易検査をおこなう場合もあります。この装置で睡眠中の血液酸素濃度を調べます。睡眠時無呼吸症候群である場合、睡眠中の度重なる呼吸停止などで血液中の酸素量が減ります。その酸素量の変化から睡眠時無呼吸症候群である可能性を探ります。

睡眠時無呼吸症候群の可能性が高い人には、睡眠中の呼吸状態を測定する検査を実施します。簡易的なものと多くのものを測定する精密な方法の2種類があります。簡易的な検査では、呼吸の状態と血液中の酸素量を測ることでAHIという値を求めます。AHI(エーエイチアイ)とは一晩に起こる無呼吸や低呼吸の回数が、1時間あたりどのくらいあるかを表す数値です。

次にポリソムノグラフィーと呼ばれる精密な検査は、呼吸の状態と血液中の酸素量のほかに、睡眠状態を合わせて見ることで、より正確なAHIを算出することが可能です。
このAHIが5を超えると睡眠時無呼吸症候群であると診断されます。なお、15以上だと中等症、そして30を超えると重症と診断されます。

診断
病院ではこのような検査結果を元に、医師が診断をおこないます。
AHIやそのほかの症状などを総合的に判断して治療方針を決定します。

Dr.)
睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に呼吸が止まる夜間の病気ですので、これを診断し、重症度を判定するためには夜間の睡眠中の検査が必要になります。
ポリソムノグラフィーは無呼吸や低酸素の状態、睡眠の質を見る検査で、診断や治療方針、治療効果などを見る上で重要な検査となます。
睡眠時無呼吸症候群の疑いがある場合にはきちんと検査を受けるようにしてください。

治療法の選択
睡眠時無呼吸症候群にはいくつかの治療法があります。
まずなにより大切なことは生活習慣の改善です。
特に肥満気味の方は、減量によりその症状が改善する場合がよくあります。
また、あおむけで寝るとからだに下向きの重力が加わります。そのため舌が気道をふさぎ無呼吸を起こし易くなりますので、横向きに寝るなどの工夫もよいでしょう。
鼻呼吸を心掛けることも大切です。
場合によっては薬物の服用やアルコールの摂取を制限することもあります。

現在の睡眠時無呼吸症候群の治療には、一般的にCPAP療法がおこなわれています。
CPAP療法とは、寝るときに装置を使って空気を強制的に送り込むことで、ノドを常に開いた状態に維持する治療法です。

そのほか、マウスピースのような専用の歯科装具で気道が狭くなるのを防ぐ治療法や、気道を塞いでいる部分を切除するなどの手術がおこなわれることもあります。

Dr,)
肥満が見られる場合には、まず減量をお願いしております。
また、鼻のとおりが悪い場合には鼻の治療が必要になることもあります。
現在無呼吸の治療は重症度によりわかれています。
一般に重症であればCPAP、軽症であればマウスピースが選択されます。
また、外科的治療は扁桃肥大など上気道構造の問題の程度によりおこなわれています。
睡眠時無呼吸症候群の原因は個人個人違いますので、それぞれに最も適した治療を選択されるのがよいでしょう。

※このあと映像はCPAP治療について説明していますが、今回はマウスピース推奨のHPなので、マウスピース治療について説明されてもよいと思います。